だけど生きていく!

生活に関する情報や、ドラマや映画の感想。在宅ワークやブログに関することなど、いろいろ書いてる雑記ブログです。独自ドメインじゃないけど、Googleアドセンス合格済みです(*^-^*)v

楽天モバイルへ問い合わせの電話をしたが対応がイマイチだった件

f:id:konohatan:20201127001134j:plain

 

私はもともと楽天モバイルの『スーパー放題』を使っていましたが、先月の18日からは、『Rakuten UN-LIMIT』を使うようになりました。

 

『Rakuten UN-LIMIT』はCMで謳っているように、料金が1年間無料となっているのですが、先日クレジットカードの明細をチェックしたところ、12月28日の引き落とし項目に、楽天モバイルの利用料金が載っていたのです。

 

この事に関してちょっと疑問を感じた私は、疑問を解消すべく、楽天モバイルへ問い合わせの電話をかけてみました。

 

そんなわけで今回は楽天モバイルの電話サポートの使い勝手や、オペレーターの対応について、感じたことを書いていこうと思います。

 

 

ちゃんと料金が無料になっているのか心配になった

クレジットカードの利用明細をチェックしていた時のこと。

ご利用日の日付が11月1日付で、楽天モバイルから請求が来ていました。

 

10月18日から『Rakuten UN-LIMIT』に切り替えたため、11月分からは料金が発生しないはず。(Rakuten UN-LIMITは1年間無料なので)

 

なのに11月1日付で料金の請求が来ている。

これは10月に使った分の請求なのだろうなとは思いつつも、手違いで11月分の料金が請求されていたら困るので、そこのところをきちんと確認したくて、楽天モバイルに問い合わせることにしました。

 

チャットで聞こうかとも思いましたが、以前の記事で書いたように、チャットの対応があまりよろしくなかったため、今回は電話で問い合わせることにしました。

 

□併せて読みたい

 

お金に関することなので、チャットじゃなくて電話で確かめたほうが、すぐに受け答えしてもらえて安心できますしね。

 

 

『my楽天モバイル』に記載されている問い合わせ番号が使えない

問い合わせの電話をかけるため、番号を調べようと『my楽天モバイル』のページを開いた私。

 

お客様サポートのページから、お客様サポートトップ➡お問い合わせ➡請求金額の確認をクリックし、画面を下へスクロールしていくと、『電話でお問い合わせ』の文字が出てきます。

 

『電話でお問い合わせ』の欄には、電話番号と営業時間が記載されていました。

番号は『050-5434-4653』で、営業時間は『9時から20時』です。

 

Rakuten Linkからかければ通話料は無料ですが、それ以外の電話からだと通話料がかかってしまうので、私はもちろんLakuten Linkを使ってかけました。

 

人見知りな私はちょっとドキドキしながら電話をかけたのですが、電話がつながると、自動応答の音声が流れました。自動で音声が流れて、各当する項目をプッシュするようになっていたのです。

 

項目の種類は以下のようになっています。

1.請求金額の確認に関する案内
2.支払い方法の確認・変更に関する案内
3.楽天リンクの音声通話に関する案内
4.データ通信のトラブル解決に関する案内
5.キャンペーンの必要条件・ポイントに関する案内
6.『Rakuten Link』や『my楽天モバイル』の操作方法に関する案内
7.解約方法についての案内
8.楽天ミニの対応周波数についての案内
9.オプションサービスについての案内
0.アドバイザーへの相談を希望の人

 

 この中から各当する項目の番号をプッシュすると、それに関するQ&Aが記載されたページのアドレスが、ショートメールで送られてくる仕組みとなっているようです。

 

「アドバイザーへのご相談を希望の人はゼロをプッシュしてください」と言われたので、ゼロを押せばそのままアドバイザーにつながると思っていたのですが、ゼロを押してもアドバイザーにはつながりません。ショートメールが送られてきただけでした。

 

しかもそのショートメールに記載されていたアドレスにいってみるも、『my楽天モバイルアプリでできること』といった感じで、my楽天モバイルアプリの使い方が載っているだけだったのです。

 

これっておかしくないですか??

アドバイザーへの相談を希望しているお客に対して、my楽天モバイルアプリの使い方が載っているページのアドレスを送ってくるだけだなんて、おかしくないですか??

 

そのページにアドバイザー直通の電話番号が載っているならまだしも、載ってないんですよ。ただただ『my楽天モバイルアプリでできること』のご案内が、載っているだけなのです。

 

「私はサポートセンターの人と直接話したいんじゃ~!」と少しイラっとしながらも、もう1度先ほどの番号にかけ、今度は『1』をプッシュしてみました。

 

すると今度のメールには、『請求金額に関するよくあるお問い合わせはこちらです』と書かれていて、先ほどとは別のアドレスが載っていました。

 

『請求金額に関するよくあるお問い合わせ』のページへ飛ぶと、請求内容の確認方法についていろいろと書かれていましたが、私のミッションは11月分の料金がちゃんと無料になっているかどうかをサポートセンターの人に直接確かめることなので、直通の電話番号がないかと探しました。

 

 

Rakuten UN-LIMITサポートセンターの人は感じの悪い人でした

『請求金額に関するよくあるお問い合わせ』のページをズズズイーっと下へスクロールしていくと、見つけました。電話番号を発見です!

 

my楽天モバイルのサポートページに乗っていた番号とは別の番号が、そこには記載されていました。番号は『050-5840-0320』で、営業時間はこちらも9時から20時までです。

 

こっちの直通の番号もmy楽天モバイルに載せておいてくれればいいのに・・・。my楽天モバイルの問い合わせページに記載されている番号にかけてもオペレーターと直接話しをすることができないので、無駄に手間と時間を使ってしまいました。

 

『050-5840-0320』の番号へかけると、今度はサポートセンターの人と直接話しをすることができました。「電話が混みあっていてなかなかつながらない」といったご意見を目にすることがよくありましたが、平日の15時ごろだったせいか、電話はすぐにつながりました。

 

電話が繋がったのはいいのですが、電話口の人、はっきり言って感じ悪かったです。私はクレジットカードの明細に11月1日付で請求がきていたことを説明し、これが11月分の利用料金だとしたら無料になっていないことになるので、10月分の利用料金なのか11月分の利用料金なのかを確認してほしいと説明を求めました。

 

私は穏やかな口調でいたって冷静に話していたにも関わらず、電話口の人は「ちょっと落ち着いてください。冷静になって話しましょう」と、少し小ばかにした感じで言ってきやがったのです。

 

おそらく私の話した内容が理解しきれなかったため、もう1度言わせる口実として、このような言い方をしたのだと思います。しゃべり方からして、なんだか頭の悪そうな人でしたから。

 

2度・3度説明してやっとこちらの言いたい事が伝わったようですが、この電話口の人、「ここでは確認できませんのでスーパー放題の担当者に回しますね」と言ってきたのです。

 

こいつが無能だから確認できなかったのか、それとも部署の管轄とかがあって確認できなかったのかは定かではありませんが、私は次の電話口の人に対して、もう1度同じ説明を繰り返す羽目になってしまいました。

 

Rakuten Linkからかけていて電話料金が無料だからまだいいようなものの、これがもし有料通話だった場合、こういったルーズな対応をされると電話料金が無駄にかかってしまうので、余計にイラついてしまいます。

 

 

スーパー放題サポートセンターの人は感じの良い人でした

スーパー放題の担当者に電話口の人が変わり、私はもう1度先ほどと同じ説明をしました。すると今度の人は1度で私の言いたい事をわかってくれて、きちんと納得のいく説明をしてくれました。

 

ご丁寧に8月分の利用料金までさかのぼって説明してくれて、私はそれぞれの月の金額をクレジットカードの明細と照らし合わせながら見ていき、11月1日付できていた請求が、10月分のものだと納得することができました。

 

丁寧にわかりやすく説明してくれたことに対して私がお礼の言葉を述べると、「お役に立ててよかったです。またもしご不明な点があれば何でも質問してください」と言ってくれて、気分よく電話を切ることができました。

 

Rakuten UN-LIMITの担当者は、この人の爪の垢を煎じて飲むべきですね。アイツはマジで感じ悪かったですから。

 

 

電話番号がすぐには見つからず楽天モバイルのサポート体制は微妙

スーパー放題の担当者が感じの良い人だったことは救いでしたが、そもそも問い合わせのページに載っている電話番号にかけても、ショートメールを送ってきてQ&Aのページに飛ばすだけというシステムが、親切さに欠けるなと感じました。

 

これでは電話での問い合わせ機能の役割を、果たせているとはいえません。アドバイザーへの相談を希望した人には、その場でアドバイザーへつながる仕組みにするべきだと、個人的には感じました。

 

このやり方では、下手したら直通の番号まで辿り着けない人もいるかもしれません。特にネットやスマホの使い方に慣れていないような人では、戸惑ってしまうのではないでしょうか。

 

チャットで質問するシステムもありますが、こちらも時間帯によってはなかなかつながりませんし、質問を残しておけばあとから通知がいくとなってはいますが、以前私が質問を残した際には、通知なんてものは来ませんでした。

 

これらの経験から、現時点での楽天モバイルのサポート体制は、かなり微妙だと感じています。そこそこスマホの知識がある人や、自分で調べてなんとかできる人でないと、楽天モバイルを使い続けていくのは難しいかもしれません。

 

プランがひとつしかないことといい、総じて楽天モバイルは『微妙』だなというのが、実際に使ってみての現時点での正直な感想です。

 

 

まあ無料だから妥協できるけど!

なんだかんだ文句を言いながらも、無料の間はありがたく使わせていただきますw

 

それでは今日はこのへんで。コノハでした。

 

プライバシーポリシー お問い合わせ ブログランキング・にほんブログ村へ