だけど生きていく!

生活に関する情報や、ドラマや映画の感想。在宅ワークやブログに関することなど、いろいろ書いてる雑記ブログです。独自ドメインじゃないけど、Googleアドセンス合格済みです(*^-^*)v

【70歳代半ば】医療保険をやめる決断をしました

f:id:konohatan:20200927183743j:plain

 

父親の医療保険の更新日が迫っている。

我が家は父親がろくでなしなため夫婦仲が悪く、保険の相談を夫婦ですることもなかったのですが、父親も高齢になり自分だけで判断するのが難しいと思ったらしく、母に同席してもらい、保険会社からの説明を受けていました。

 

医療保険って細かい決まり事が多くて、内容をきちんと把握するのは大変ですよね。

どの程度の保証にするべきか悩みますし、年齢が上がると掛け金も上がることが多いので、払い続けることが負担になる人も多いのではないでしょうか。

 

私は父親のことが大嫌いなので父と直接は話しませんが、母親を通して父の医療保険のことを相談されました。

 

母と私とでいろいろと話合い悩んだ結果、「父の医療保険は更新しない」という結論に至りました。

 

医療保険が必要かどうか悩んでいる人にとって少しは参考になるかもしれませんので、今回は「更新しない」という結論に至った理由を書いていきたいと思います。

 

 

父の保険は母の保険よりも条件が悪い

父と母は若い頃から、日本生命で生命保険と医療保険がセットになったプランに加入しています。

 

近年ではネットで申し込むタイプの保険も増えていますが、日本生命は直接家に来て説明してくれます。保険金を請求する際など、書類の書き方を丁寧に教えてもらえたりするのは、従来型の保険会社の良いところだと感じます。

 

担当者が定期的に家に来て「おかわりないですか? 何か気になることとかあります?」などと声掛けしてくれるので、疑問点などをすぐに聞けるという安心感もありますが、そういった人件費がかかるぶん、やはり料金は高めだと感じます。

 

私は今まで両親が医療保険にいくら支払っているのか知らなかったのですが、今回母から父の保険を相談されたことで、父親と母親の契約内容を見比べてみました。

 

契約内容が書いてある用紙に書かれた金額を見て、なかなかの驚きでしたね。「こんなに払っていたのかと?!」私が引きニートな上にこんなに払っていたら、そりゃあ貧乏になるよな~と、苦笑いでした。

 

そしてさらに驚いたのは、父親が加入している保険の条件の悪さです。

父は母よりも保険料が1ヶ月5000円も高いのに、保証内容が母より悪いんですよ。

 

母親の保険の方が死亡時の受け取り金額が2倍高い上に、3大疾病の時には100万円の一時金が付きます。(父の方は一時金5万円です。その代わりどんな病気でも可)

入院給付金は、父と母共に1日1万円です。

 

父親の方は生涯保険料を払い続けないと保証が受けられないのに対して、母親の方は80歳まで払い続ければ、その後は支払い無しで保証が受けられます。しかも今後保険料が上がることはなく、ずっと今の保険料のままです。

 

父親の方の保険も今回更新をストップ(保険料の支払いをやめる)したとしても死亡保険だけは残りますが、入院や手術をした時の保証はなくなります。

 

父親の方が保険料が5000円も高いのになぜ保証内容が悪いのか、その原因を探っていくと、母よりも父の方が金額が高い項目がひとつだけありました。

 

その項目とは『不慮の事故を原因とする場合の死亡保険金額』です。

 

 

 そこの保証金額高くしてもね・・・

父親の保険は病気などで死亡した時よりも、不慮の事故で死亡した時に受け取れる金額が、4倍以上になっていました。

 

これ以外に母親の保険内容に優っているところは見当たらないので、父の保険料が1ヵ月5000円高いのは、おそらくこの項目が原因だと思われます。

 

これを見た正直な私の感想としては、「この人本当に頭悪いんだな。そこの金額高くしても意味ないじゃん。なんでもっと考えてから契約しないんだろ・・・」でした。

 

だって死亡するほどの不慮の事故になんて、そうそう出会うもんじゃないですよ。

そんな出会う確率の低い部分の金額を上げて保険料を高くするなんて、完全にカモられたとしか思えません。質問したり自分で調べたりして知識を身に付けようとしたり、少しでも良い条件で加入できるよう、担当者の人とじっくり話し合うという姿勢が、父には欠けています。話が込み入ってくるとすぐに不機嫌になりますし、保険会社の人にキレていたのを聞いたこともあります。

 

それゆえ担当者になめられたり嫌われたりしてしまい、変なプランを提案されて、頭が悪いからそれにのっかってしまったのだと思います。

 

不慮の事故での死亡金額を上げるくらいなら、もっと起こる確率が高い部分の保証を手厚くするべきだと思うのですが。癌と診断されたら〇〇万円とか通院でも対象になるとか、そういった実用的な部分の金額を上げて、保険料が高くなるなら納得がいくんですけどねぇ・・・。

 

ただそもそも論を言ってしまうと、父親にしても母親にしても、低収入だったわりには加入している保険は高いと感じました。私の両親の収入からすると(今は2人とも年金暮らしです)県民共済あたりが妥当だったのではないかと思います。(引きニートが偉そうなこと言って申し訳ないですが)

 

 

実際の医療費を探ってみた

今回父の保険をどうするか相談されて、もう更新はやめたほうがいいのではないかと思った理由のひとつは、医療費が思ったほど高くないと感じたからです。

 

今年の春、母のお兄さんが癌になり入院・手術をしたのですが、全部の費用コミコミで、10万円程度でした。実際に支払い明細を見せてもらったので確かな情報です。ステージ1の癌で患部の切除はせず、抗がん剤を埋め込むだけの手術だったということもあり、3泊4日の入院だったので、お安く済んだのだとは思いますが。

 

あと母のお姉さんが6年程前に骨折した時の入院と手術代は、5~6万円くらいだったと言っていました。(こちらは支払い明細がなく記憶がちょっと曖昧)

骨折の場合は手術のあとのリハビリが長くかかるため、リハビリ専門の病院へ移ってからの入院は長かったそうです。2か月間リハビリ専門病院へ入院して、費用は1ヵ月10万円くらいだったと言っていました。

 

それから父の母親(私からすると祖母)は心臓を悪くしペースメーカーを入れていますが、最初の手術時にペースメーカーを入れたことにより、障碍者手帳が発行されました。それにより自己負担額が1割になったため、ペースメーカーの取り換え手術の時には、入院と手術代を合わせても5万円くらいだったそうです。ちなみに祖母は今でもご存命です。

 

70歳を過ぎると医療費の負担が軽くなりますし、日本には高額療養費の制度もあるので、高い保険料を払ってまで医療保険に入り続ける必要はないなと感じました。

 

 

医療保険をやめた1番の理由

そして医療保険の更新をやめようと思った決定打は、5年程前に父がなった病気に対しては、支払いの対象にならないと言われたことです。その病気は再発するリスクがあり、現時点では1番その病気での入院や手術の可能性が高いのに、そこにお金が出ないとなると、このまま保険料を払い続ける意味をあまり感じません。保険料の支払い分を貯金にまわした方がいいと思いました。

 

骨折などのようにリハビリを伴う場合は入院が長引きますが、今時の平均入院日数は2~3週間程度です。それくらいの入院費なら、保険がなくともそこまで困らないと思うのです。

 

もし癌になったとしても年齢的に考えると緩和ケアが中心となってくるので、そうなると病院というよりは、ホスピスの方のお世話になる期間が長くなってきます。

 

ところが医療保険によくある、「入院1日1万円」などの保証には、基本的にホスピスは含まれていません。この事はついこの間、保険会社の人に確認したので確かです。

 

このように

・70歳を過ぎると医療費の負担が軽くなること

・再発の可能性のある病気は対称にならないこと

ホスピスへの入院は対称にならないこと

などの要因を踏まえて、父の医療保険の更新は、やらないことに決めたのです。

 

ただ、いつどのような病気になるか・事故に遭うかは、誰にもわかりませんよね。

ですから保険に入っていてよかったと思うか、勿体なかったと思うかは、結果論でしか語ることはできません。

 

 

自分に合った決断を!

我が家は今回、父親の保険についてはやめる決断をしましたが、母親の方の保険はなんとか継続していくつもりです。父親についても、お金に余裕があるならおそらく継続したと思います。我が家に余裕がない要因のひとつに、私が引きニートだからということもあるので、父親のことは大嫌いですが、今回のことは心苦しくも感じています。

 

今の日本は超高齢化社会で、医療費の増加も財政難の要因になっているため、今後また高齢者の負担額が上がってしまう可能性は否めません。ですから一概に「医療保険はなくても大丈夫! 70歳を過ぎると医療費安いから!」とは言えないかもしれません。

 

年金生活の中で保険料を支払い続けるのは大変な人も多いかと思いますが、可能であれば、入っておくに越した事はないと思っています。

 

保険は1度入るとたやすくコロコロ変えられるものではないので、面倒でもいろいろと情報を調べて、自分に合ったベストな決断をしたいものですね!

 

なぁ~んてちょっと偉そうなことを言っちゃってますが、自分の保険に関しては全く手つかずのままでして、けっこう無駄にお金を支払っています。この件については、いずれまたブログに書いていこうと思います。

 

それでは今日はこのへんで。コノハでした。

 

プライバシーポリシー お問い合わせ ブログランキング・にほんブログ村へ